超人気アニメで鬼が嫌うとされ、その存在が注目されている「藤」の花。
今年(令和3年)は例年にも増して「藤」のスポットがSNSでもたくさん投稿されていますね。
今日は、静岡県で出会うことのできる「藤」のスポットをご紹介します。
今年は、気温が高い日が続き、花の見ごろも1~2週間ほど早くなっています。
お出かけの際には、事前にご確認の上、お出かけください。
また、お出かけの際には、新しい旅のエチケットを守り、安全安心な旅をお楽しみください。

静岡県の「藤」の花スポットに出かけよう!

豊田熊野記念公園・行興寺(磐田市)

例年の見頃:4月下旬~5月上旬
(令和3年4月19日現在、見頃を迎えています)

行興寺境内には、平安時代末期に平宗盛りに寵愛された熊野御前(ゆやごぜん)が植えたとされる推定樹年齢800年の国指定天然記念物「熊野の長フジ」があります。
公園及び境内を合わせた藤棚面積約1,600平方メートルを誇る静岡県内屈指の藤の名所です。

【問い合わせ先】磐田市観光協会 0538-33-1222

観光情報詳細を見る

東光寺(牧之原市)

例年の見頃:4月中旬~下旬
(令和3年4月19日現在、見頃を迎えています)

東光寺の長藤は、磐田市の行興寺の「熊野の長藤」の一枝を境内のヤマフジに接ぎ木したのが始まり。20メートル四方に広がった藤棚から2万余もの薄紫の花が、1メートル以上まで咲き誇ります。市指定天然記念物にも指定されています。
見頃に合わせて藤まつりが開催され、夜にはライトアップも行われます。(令和3年は規模を縮小して開催。)

【問い合わせ先】まきのはら産業・地域活性化センター 0548-22-5600

観光情報詳細を見る

蓮華寺池公園(藤枝市)

藤の見頃:4月下旬~5月上旬
(令和3年4月19日現在、見頃を迎えています)

藤枝市の花・藤(フジ)の名所である蓮華寺池公園の藤棚は、総延長500mを超え、東海エリア最長級です。
藤から漂う甘い香りが、公園内をやさしく包み込みます。
見頃に合わせて開催される「藤まつり」では、出店やステージイベントなどが実施され、多くの家族連れでにぎわいます。(令和3年は中止となりました。)

【問い合わせ先】藤枝市役所花と緑の課 054-643-3487

観光情報詳細を見る

林泉寺(榛原郡吉田町)

例年の見頃:4月中旬~下旬
(令和3年4月19日現在、見頃を迎えています)

吉田町・林泉寺の長藤は、牧之原市の東光寺の住職が譲り受けた「熊野の長藤」の子株です。吉田町のシンボル「展望台・小山城」から歩いて5分ほどにあり、見頃の時期には、紫の藤棚を楽しむ人で賑わいます。
例年、見頃に合わせて藤まつりが開催されますが、令和3年は中止となりました。

【問い合わせ先】林泉寺 0548-32-1356

観光情報詳細を見る

はままつフラワーパーク(浜松市)

藤の見頃:4月下旬~5月上旬
(令和3年4月19日現在、見頃を迎えています)

日本初の女性樹木医・塚本こなみ理事長が手がける見事な藤棚が魅力のはままつフラワーパークでは、白、ピンク、紫、濃紫など、色とりどり、表情豊かなの藤の花が咲き誇ります。
令和3年は、4月23日(金)から夜間開園が実施され、スマイルガーデンと併せてライトアップされる予定です。

【問い合わせ先】はままつフラワーパーク 053-487-0511

観光情報詳細を見る