マイナスイオンたっぷり!アクティブ派のグループには河津七滝めぐりがおすすめ!

89

河津七滝

2020年2月、世界的に有名なミシュラン・グリーンガイド・ジャポン(改訂第6版)で2つ星を獲得した「河津七滝」はアクティブ派のみなさんにおすすめのスポットです。

伊豆の踊子
初景滝(紅葉みごろ)

川端康成の「伊豆の踊子」の舞台としても有名な「河津七滝(ななだる)」は、その名の通り7つの滝があります。
滝を「たる」と呼ぶのは、平安時代から続いている貴重な民俗語で、水が垂れると
いう意味の「垂水(たるみ)」がそのルーツです。遊歩道を約1時間かけて7つの滝を見ることができます。秋には、「天城路もみじまつり」が開催され、各所の紅葉が美しいことでも知られています。

滝まつり
天城路もみじまつりのイベントの一つ「滝まつり」
猪鍋
滝まつりでふるまわれる名物「猪鍋」

河津七滝は、大滝(おおだる)・出合滝(であいだる)・かに滝(かにだる)・初景滝(しょけいだる)・蛇滝(へびだる)・海老滝(えびだる)・釜滝(かまだる)の7つの滝の総称です。
大滝(おおだる)は、河津七滝で一番の高さを持つ滝で、初景滝(しょけいだる)には「踊り子と私」のブロンズ像が設置されています。
七滝巡りは健脚のアクティブ派にはもちろん、大自然を体いっぱいでゆっくりと感じたいという方にもおすすめです。
滝の流れる音やマイナスイオン、木々の緑、と癒され効果も絶大です。紅葉の時期ともなると多くの観光客が訪れます

紅葉の河津七滝周辺

紅葉1

紅葉2
紅葉も美しい河津七滝
紅葉3
紅葉

紅葉4

紅葉5

七滝巡り

釜 滝(かまだる)

かまだる
釜 滝(かまだる)

ダイナミックで大変迫力のある滝で、マイナスイオンを体いっぱいに感じることができる滝の一つ。
落差22m、幅2mの豪快な滝のまわりは柱のような形をした岩が多く見られます。
これは溶岩が冷えて収縮した「柱状節理(ちゅうじょうせつり)」と呼ばれているものです。
この柱状節理の形が、釜滝に迫力を与えているようにも見えます。滝壺が釜の底を思わせることから「釜滝(かまだる)と名付けられたと言われています。
七滝の中では大滝の次に大きな滝です。

エビ滝(えびだる)

えびだる
エビ滝(えびだる)

滝の形がエビの尾びれに似ていることからこの名が付いています。落差5m・幅3mで近くにかかる吊り橋の上から眺めることができます。たしかに!尾びれに似てる!と納得できますよ。

蛇 滝(へびだる)

へびだる
蛇 滝(へびだる)

まわりの岩の模様が蛇のうろこのように見えることから「へび滝」と名付けられました。
このうろこも「柱状節理」です。落差3m・幅2mの滝の向こう側に見える「河津踊子滝見橋」から蛇のうろこを見ることが出来ます。

へびのうろこ
蛇滝の玄武岩の模様(蛇のうろこ)↑
河津踊子滝見橋
河津踊子滝見橋

静岡県内では初めての「片塔式ウェーブ橋」という吊橋。
この橋から見ると、蛇滝の玄武岩の模様(蛇のうろこ)をはっきりと見ることができます。歩くところが階段状になっている珍しい橋なのでぜひ渡ってみてください。

初景滝(しょけいだる)

伊豆の踊子
初景滝(しょけいだる)

落差10m、幅7mの滝で「踊り子と私」のブロンズ像がこの滝を引き立てます。
七滝巡りの中でも一番の写真スポットと言えるでしょう。七滝入口から初景滝までは、舗装された道路なので気軽に散策することができます。七つの滝を全部巡る時間のない方でも、ここまでは行きやすいのでおすすめです。大滝とともにテレビでよく取り上げられる滝です。

カニ滝(かにだる)

かにだる
カニ滝(かにだる)

美しい渓流の中にひっそりと佇む、落差2m、幅1mの小さな滝。滝壺の横の水流で削られた柱状節理の膨らみがカニの甲羅のように見えるので「カニ滝」と名付けられたと言われています。小さい滝ですが、滝の流れの白さと山の緑のコントラストの美しさが特徴です。初景滝へ向かう遊歩道の途中にあります。

出合滝(であいだる)

であいだる
出合滝(であいだる)

落差2m・幅2m、2つの流れがここで出合ってひとすじの流れになる合流点です。流れ込む水の青さが印象的でその美しさに引き込まれます。火山の溶岩流が滝の両側に美しい柱状節理を作り出しています。

大 滝(おおだる)

おおだる
大 滝(おおだる)

大滝と言うだけあって七滝の中でも一番の高さを持つ滝です。落差は30m、幅7m。ダイナミックでマイナスイオンを体いっぱいに感じることができます。
柱状節理が美しく、滝の脇には温泉が湧き出ています。映画やドラマなどでも良く取り上げられる、周囲の自然との調和が見事な美しい滝です。大滝の遊歩道は開放された時間のみ通れますが季節により異なりますのでご注意ください。

※大滝歩道開放時間   6月~9月…8時~18時 10月~5月…8時~17時

河津七滝の情報はこちら

わさびグルメ

ここでとっておきのグルメをご紹介!
河津町名産のわさびを使ったグルメが七滝周辺をはじめ町内の食堂で味わうことができます。
なかでも「わさび丼」は某人気グルメ番組で紹介されて以来、多くのお客様からの支持を得ています。一度食べたら病みつきになること間違いなし!!
温かいご飯にすりおろしたての生わさびとおかか、そこにお醤油をたらすだけ!!
ぜひグループ皆さんで味わって盛り上がってください。

わさび丼
わさび丼

河津七滝のまとめ

川端康成の小説「伊豆の踊子」の世界に浸りながら、大自然の雄大さを実感できる
河津町のとっておきの場所です。早春には河津桜も楽しめますのでぜひ、春夏秋冬さまざまな顔をのぞかせる河津七滝にぜひお出かけください。
歩きやすい格好と靴でお出かけするのをおすすめします。

紅葉4
紅葉ハイキングもぜひ!!

河津七滝


(問)河津町観光協会
0558-32-0290
駐車場有り
大滝のみ歩道の開放時間あり   6月~9月…8時~18時/  10月~5月…8時~17時

河津町観光協会の情報はこちら

河津七滝/ハローナビしずおか