黒田家

菊川市にある「黒田家代官屋敷」は国の重要指定文化財にも指定されている、江戸時代にこの地の代官をつとめた武家の屋敷です。武家屋敷の風情ただよう茅葺き屋根の長屋門は、一見の価値あり!また、梅が見頃を迎える早春には「梅祭り」が開催され、梅を見ながら庭園を散策することもできます。散策を楽しんだ後は、遠州銘菓店「たこまん」の、旬の恵みを贅沢に使ったパフェで至福のひとときを過ごしてみてはいかがでしょうか。

黒田家代官屋敷とは?

黒田家
配置図

黒田家は、永禄年間(室町時代~戦国時代)にこの地に移り住んだといわれる武家です。江戸時代には、徳川家の旗本である本多氏の代官として、この地を支配した家柄だそう。
広大な敷地の周囲には濠をめぐらし、南に長屋門、その東脇に米蔵が建っています。門の北側の敷地ほぼ中央に母屋、その背後に東蔵と西蔵が並んでいます。
長屋門や母屋は往時を忍ぶことができる貴重なものとして、国の重要文化財に指定されています。

黒田家
長屋門

長屋門は18世紀中頃の建築と見られ、茅葺き屋根は桁行68尺(20.6メートル)もある大規模なもの。黒田家が任されていた2千石の格式を示すものといわれています。昭和51年の解体修理で元の姿に修復されました。

黒田家
母屋

母屋は安政の地震以後の建物と考えられ、平成9年には解体修理を行い、元の姿に復元されました。

黒田家
米蔵

米蔵には当時使われていた臼や脱穀機などが展示されています。

梅の香りに包まれて梅見散策♪

黒田家
庭園に咲く梅

毎年2月から3月初旬にかけて開催される「梅祭り」。普段は入ることのできない庭園が無料開放され、寒紅梅や白加賀など13種類約180本の梅の花が咲く庭園を散策することができます。

※無料開放されるのは梅の花の開花期間のみです。

黒田家
白梅
黒田家
紅色の梅

庭園の木々は手入れが行き届いていて見応え十分!春ならではの彩りに、写真を撮る手が止まりません。

黒田家
「焼きびな」展

取材時には、四代目・高木宏さん作の「焼きびな」展が開催されていました。明治初期、庶民のささやかな願いが込められて生み出された素朴な「焼きびな」。「坊ノ谷土人形」とも呼ばれているそう。

黒田家ゆかりの蔵品200点を展示「菊川市代官屋敷資料館」

黒田家
菊川市代官屋敷資料館

菊川市代官屋敷資料館では、鎧兜や武具をはじめ、陶磁器や調度品など、黒田家ゆかりの貴重な蔵品が展示されています。野弁当の際に携行された「蒔絵重箱」や女性が歯を黒く染めるための「お歯黒道具箱」など、武家の優雅な暮らしぶりを垣間見ることができます。

館内撮影禁止のため、パンフレットでその様子をご覧ください。

黒田家
パンフレット

<施設情報>
・菊川市代官屋敷資料館
住所/菊川市下平川862-1
電話/0537-73-7270(資料館受付)
※黒田家代官屋敷の「梅祭り」については菊川市観光協会まで 0537-36-0201
開館日/火~日曜日(祝祭日翌日、年末年始を除く) ※梅祭り期間中は無休
利用時間/10時~16時  ※梅祭り期間中は9時~16時
入館料/160円(中学生以下、市内在住者は無料)
アクセス/JR菊川駅よりしずてつバス御前崎線で「平田本町」バス停下車、徒歩約5分・東名菊川I.Cより県道37号を南下、車で約25分

※黒田家代官屋敷(菊川市下平川862)が開放されるのは、「梅祭り」開催期間中のみです。通常は母屋、東蔵、米蔵などの建物内部、および庭園に入ることはできません。現在も所有者の方が居住されていることから、長屋門を見学される際は、所有者の迷惑になる行為をしないようにご注意ください。

遠州銘菓店「たこまん 遠州茶家」で贅沢パフェ三昧!

黒田家
遠州銘菓店「たこまん遠州茶家」

静岡ではおなじみの「たこまん」。「たこまん」と聞いて、お菓子を連想するのは、静岡県民あるあるかもしれません(笑)。静岡県内に17店舗を構え、ここ菊川市には小笠本店と工場、喫茶「遠州茶家」が隣接しています。
お目当ては、季節によって変わるビッグパフェ。厳選した食材を贅沢に使ったパフェは、SNSでも話題になっていますよ。

期間限定!遠州産紅ほっぺBIGパフェ

黒田家
遠州産紅ほっぺBIGパフェ

高さ30cmもあるビッグサイズの「遠州産紅ほっぺBIGパフェ」。イチゴは栗本農園さんで栽培された「紅ほっぺ」を使用。イチゴ本来の甘み、旨み、柔らかさが充分にのるまで我慢し、熟成させて収穫しているそう。

めっちゃ大きい!しかも、ヘタ付近まで甘〜〜〜い!

イチゴとバニラのジェラートもイチゴに負けない美味しさだから、一緒に食べると本当に贅沢な気持ちになれます。

復活!掛川栗を贅沢に使ったモンブランパフェ

黒田家
モンブランパフェ

掛川産の栗を使用した「モンブランパフェ」。季節限定メニューだったけれど、お客さんからの惜しむ声で復活し、レギュラーメニューにランクアップしたそう。期待大!

モンブランドレスをまとっているような、優雅なたたずまい。フォークを少し入れただけで、ほろほろと崩れる様子から、和栗を贅沢に使っているのがわかります。

黒田家
中からバニラアイスと紅茶のメレンゲが……。

和栗の自然な甘みがしっかりと感じられるモンブランペーストは、アイスやメレンゲと一緒に食べると程よい甘さになって、至福の味わい♪
今回ご紹介したパフェ以外にも、「たこまん遠州茶家」では季節によって様々なメニューが楽しめますよ。

黒田家
メニュー

お隣りの小笠本店でお土産をゲット

黒田家
遠州茶家に隣接する小笠本店

お土産のスイーツを購入すべく、隣接する工場直営の小笠本店にお邪魔しました。

黒田家
大砂丘ベリージュエル

店員さんのイチ押しは遠州銘菓「大砂丘 ベリージュエル」。遠州イチゴの美味しさを閉じ込めた特製ジュレソースとイチゴクリームをサンドした、今しか味わえない季節限定品。フワフワのスポンジと甘酸っぱいソースが、春らしい味わいです。

<店舗情報>
・たこまん 遠州茶家
住所/菊川市上平川 565-1
電話/0537-73-7188
営業時間/11:00〜16:00 ※オーダーストップ15:30
定休日/毎週木曜日

・たこまん 小笠本店
住所/菊川市上平川 565-1
電話/0537-73-5288
営業時間/9:00〜19:00
定休日/なし

まとめ

黒田家
西蔵前の梅の花

いかがでしたか?菊川市の見どころ&食べどころ。旬の恵みが彩り豊かで、心が躍ります!
ぜひ、遊びに行ってみてくださいね。