首都圏からのアクセスも良く、自然や観光、ショッピングやアウトドアなど観光施設もそろう御殿場。そのなかでも温泉、イルミネーション、噴水ショーなど、全国的な知名度を誇る『御殿場 時之栖』に、2020年12月“山羊の丘コテージ”がオープン。ファミリーやグループ、シニア、企業研修など、それぞれの楽しみ方、おすすめの利用法をご紹介します。

1棟貸切2階建て『山羊の丘コテージ』を覗いてみよう!

まずはブルーベリーロッジフロントでチェックイン。マイカーは各コテージまで乗り付けられるので荷物が多くても安心。

「山羊の丘コテージ」外観

「あ、車の中に忘れ物した!!」なんて時のがっかり度も軽減ですね(笑)。コテージはカヌー池を囲むように、ファミリー用が10棟、ワーケーション向けが5棟並びます。

コテージ内:リビング

中に入ると木の香りがふわりと漂い、室内はとにかく明るい。これまでの山小屋コテージのイメージを一掃するほどです。室内は天然木を使用してるので夏は涼しく冬は温か。杉板のフローリングは足触りもよく心地いいですよ。

1階にはキッチン、床暖房リビング、バス、トイレ、ウッドデッキがあり、2階に寝室、フリースペースと基本的なレイアウトは全コテージ同じですが、カーテンやソファなどファブリックの違いで雰囲気に変化も。

コテージ内:キッチン

キッチンには食器や電子レンジなどの調理器具もあるので食材を持ち込んでの自炊もOK。

コテージ内:洗面スペース

洗面スペースにはアメニティも人数分そろっているので嵩張る荷物もスマートに。

チェア

ここでおすすめしたいのがこのチェア。ふんわりクッションと脚まですっぽり包み込んでくれるハンモック布でまさに夢心地。天気が良ければ目の前には富士山。ただただボーッとする時間は至極です。

コテージ内:寝室
ファミリー向けコテージ内:フリースペース

2階にはフリースペースと2ベッドの寝室が左右に2室あり、クローゼットには2組の布団が用意されていました。

ファミリー向けコテージのフリースペースにはポップアップテントや富士山型チェアもあり、子どもが喜ぶ姿が目に浮かぶようです。

ワーケーション向けコテージ内:フリースペース

ワーケーション向けコテージのフリースペースには、上下可動式のデスクとホワイトボード、長時間の仕事も疲れ知らずのゲーミングチェア、ビジネスWi-Fi、V4・V6回線を完備。V4回線はVPN回線としてルーターを持ち込み、会社のサーバーにアクセスしながらのリモートワークも可能です(要事前相談)。

ファミリー・グループで楽しむなら、カヤック、温泉、イルミネーションもとことん満喫

コテージは定員6名の1棟貸しなので家族やグループ利用がおすすめ。

カヤック、ボルダリング、MTB(電動バイク)、イチゴ狩り体験(12月〜5月中旬)などの有料アクティビティやレストランもあり、丸一日過ごすには十分。

エリア内で飼育されている山羊たち

しかも、宿泊プランには炭酸泉や薬草湯、備長炭釜風呂などさまざまな湯船がそろう『天然温泉 気楽坊』、全国から集めた200種4500匹の金魚を展示する『水中楽園AQUARIUM』、最高到達点150mと日本一級の噴水ショー『王宮の丘』の特別パスポートが付帯しているので、むしろ1泊では足りないくらいです。

カヤックなどアクティビティも充実

カヤックはインストラクターが1からレクチャーし、安定感のある乗り心地なので初心者も子どもの参加もOK(9歳以上・要予約)。

働くパパママのワーケーション利用にもぴったり

仕事と子育ての両立を望むパパママにおすすめなのが『ファミリーワーケーション』。仕事も頑張りたいけど、時にはゆっくり過ごして子どもの成長をそばで見届けたい…そんな思いに応え、仕事に集中できる空間と家族みんなが楽しめるワクワクが詰まったリゾート体験を両立できるのがココの魅力です。

澄んだ空気に満ちた自然の中で仕事をしたり、コテージ内でテレビ会議をしたり。仕事の合間には富士山を眺めてのコーヒー休憩や、子どもたちとのカヤックで息抜きも。

ワーケーションにもぴったり

お腹が空いたら園内レストランでのランチやディナーもいいですが、冬季は鉄板焼きと鍋料理、夏季はウッドデッキでのBBQもおすすめ。

BBQも楽しめる

朝は焼きたてパンと御殿場高原ソーセージ、サラダなどケータリングサービスもあります(時期による・要問い合わせ)。

コワーキングや福利厚生、平日のシニア利用などレンタルスタイルも多彩

フリーランスで働く人なら共有スペースとして利用するコワーキングや異業種交流の場に、そのほか少人数で行う企業研修や社員交流、福利厚生などに利用するのもあり。

シニア世代ならゆったり温泉に浸かって和食処で食事をしたり、イルミネーション散策や噴水ショーを観たり、富士山を眺めながら自然の中でゆったり寛ぐのもいいですね。

雄大な富士山を望む温泉リゾートはワーケーションで訪れるのもOK。ファミリー三世代での利用も、個々の時間を楽しみながら、家族の時間も楽しめる有意義な時間が過ごせるはず。単身赴任のパパが週末に家族を御殿場に呼んで一緒に過ごす…というのも素敵です。大切な家族や友人と共に、ここならではのアウトドアリゾートを満喫しましょう。

御殿場時之栖
住所:御殿場市神山719番地
山羊の丘コテージ/1泊・素泊まり平日50,000円〜(1棟・定員6名)