冬だからこそ訪ねたい!静岡県自慢の冬の絶景スポット5選

2888
浜名湖佐久米駅ゆりかもめ

温暖な気候で知られる静岡県。そんな静岡県にも寒い冬は巡り、地上には降雪はほとんど見られないものの、きれいに雪化粧した富士山や、甘い香りを漂わせる一面の白い水仙の花、空中に舞う白いユリの花のように美しいゆりかもめの群れなど、冬ならでは風光明媚な景色を見せてくれます。
そこで積雪がほとんどない静岡県ならではの人ぞ知る美しい冬の絶景スポットをご紹介します。


伊豆エリア

スイセン_爪木崎

 

爪木崎(下田市)

南伊豆に位置する下田市の爪木崎は、野水仙の群生地が広がっており12月中旬から3月までの長い期間次々と水仙の花が開花します。
白く可憐な水仙が一面に咲き誇る様子は清々しく、最盛期の1月には300万本もの水仙が辺り一帯に甘い香りを漂わせます。
例年12月20日から1月31日までは「水仙まつり」も開催されています。

【問い合わせ先】下田市観光協会  TEL:0558-22-1531

煌めきの丘

煌めきの丘(沼津市)

沼津市の井田地区は、「美しい日本の村コンテスト」の集落部門で入賞したこともある伊豆半島北部にある小さな集落。この集落を見下ろす「煌めきの丘」は、太陽の位置によって海面がキラキラと輝いて見えることからこの名がつけられました。眼下に広がる集落やそこに色を添える菜の花畑、そして駿河湾の向こうにすっぽりと冠雪した富士山を臨むこの眺めはこの時期だけの絶景です。

【問い合わせ先】戸田観光協会 TEL:0558-94-3115

西部エリア

龍尾神社_しだれ梅

 

龍尾神社(掛川市)

東海道の東西交通の要衝として栄えた旧遠江国、掛川市にある龍尾神社は、駿河の守護大名今川氏が遠江進出のために築城した掛川城の攻守の要ともされた、由緒あるお寺です。神社に隣接する花庭園いっぱいに、2月中旬から3月上旬にかけて、約300本の桃色、白色のしだれ梅が咲き誇ります。

【問い合わせ先】龍尾神社 TEL:0537-23-0228

 

夕日_弁天島

弁天島海浜公園(浜松市)

浜名湖のいかり瀬には高さ18mの赤鳥居が建てられています。新幹線からも眺めることができるこの赤鳥居は、ここが浜名湖の河口付近であることを多くの人に知らせる弁天島のシンボルでもあります。
青い浜名湖面に佇む鮮やかな赤鳥居の景色は1年中美しいのですが、冬至(毎年、おおよそ12月22日頃)の前後一ヶ月には、鳥居のむこうに真っ赤な夕日が沈む絶景でが見られます。(鑑賞のベストスポットは、弁天島海浜公園東側の公衆トイレ前あたりです。)

【問い合わせ】舞阪町観光協会 TEL:053-592-0757

浜名湖佐久米駅

 

天竜浜名湖鉄道 浜名湖佐久米駅(浜松市)

レトロな駅舎や田園風景に沿って運行することから、「原風景に逢える列車」として愛される天竜浜名湖鉄道の駅の一つ、浜名湖佐久米駅には、冬になると渡り鳥であるユリカモメが飛来し、“ゆりかもめ舞う駅”として賑わいます。列車の周りを舞い飛ぶ、白く美しいユリカモメの大群の眺めは壮麗です。

【問い合わせ先】天竜浜名湖鉄道営業課 TEL:053-925-2276