水ヶ塚公園って?

「水ヶ塚公園」は、静岡県裾野市の富士山山麓にあり、夏には富士登山の拠点として五合目行きシャトルバスの乗り場ともなる公園です。水ヶ塚公園には、自然が多く残っており、遊歩道や展望デッキからはどこまでも続く富士山の雄大な自然を見渡すことが出来ます。アクセスも良く、東名高速道路から富士山スカイラインを使って迷わず行ける水ヶ塚公園の魅力を紹介します!!

迫力満点!水ヶ塚公園からの迫るような冬の富士山の眺め!!

水ヶ塚公園の1番の見どころは、何といっても麓より何倍も大きく見える富士山です!車で向かっている途中は生い茂る木々でなかなか見えないのですが、公園の駐車場に着き、一息ついたタイミングで目に飛び込んできます。取材に来たこの日は2月、雪が積もり真っ白になった富士山と見ごたえバツグンです。

二合目から見る富士山。力強さを感じる角度。

静岡県側から見る富士山といえば、右側に見える宝永山が有名ですね!
水ヶ塚公園から見る富士山は、その宝永山が正面に見えます。そして宝永山の隣のくぼみもはっきりと見ることができます。これは宝永火口と呼ばれる噴火の火口跡です。お馴染みの富士山とはまた違った表情、自然の力強さを目の当たりにしました。見る場所によって違う姿を見せてくれるのも富士山の大きな魅力です。

まずはホッと一息。「森の駅富士山」

水ヶ塚公園森の駅のショップ

公園内にある建物「森の駅富士山」は2016年7月にオープンした施設で、お土産の購入や食事をすることができます。また、お土産を購入することができるショップもあり、富士山にちなんだグッズや食品等も販売しています。

かき揚げそばセット お寿司付き

森の駅富士山の情報はこちら

子どもたちに大人気!ゲレンデでそり滑り!!

「水ヶ塚公園」といえば!といえば、代表的なレジャーはそり滑りです。

駐車場から「雪あそび広場」のゲートをくぐると、緩やかな傾斜の広場が広がっています。そり滑りは子供たちに大人気!とっても楽しそうですね!

そり滑りが出来る広場は3つほどあります。取材にいった日はすいていましたが、もっとたくさんの雪が降る時期は混雑するようなので、小さなお子さんを連れていく際は目を離さないように注意をしてください。

子どもたちがのびのびと遊ぶことができるゲレンデが無料開放されているのはありがたいですね。

さらなる絶景を求めて「ふれあい広場」へ!

先ほどの雪あそび広場とは別のゲート「ふれあい広場」のほうへ向かいます!
すると…

気になる案内板が…

腰切塚に向かいます。

聞きなれない名前に驚きましたが、20分と案内があるので行ってみます!
案内板の通りに少し進んでみると

ながーい階段が!いい運動になると思い、さらに進んでいきます。

着きました!ここが「腰切塚」です。
確かに一番最初に見た案内板からは大体20分ほどで着いたのですが、その20分の密度が濃すぎました!普段運動をしない筆者には階段の数や斜面がなかなか大変でした。息を切らしながら展望台を登ってみます。

腰切塚から見る。更に雄大な富士山!

確かに道のりは大変でしたが、その大変さを吹き飛ばすような絶景でした。体力に自信のある方は是非、チャレンジしてみてください!(筆者の体力が著しく低いだけかもしれません)

案内板を見てみると分かるのですが、この「水ヶ塚公園」富士山の頂上から遠くないことが改めてわかります。
登ってみると分かりますが、迷子にならないために、この案内板で自分がいる位置をなんとなくでも把握したほうがいいかもしれません。

さいごに

記事の冒頭でもお話しましたが、さまざまな表情が見られるのが富士山の魅力です。
水ヶ塚公園から見える富士山はみなさんにどのように見えるのでしょうか。富士山をより近くで感じたい方はぜひ、水ヶ塚公園にお立ち寄りください!

水ヶ塚公園からの秋の富士山の眺め

 

 

水ヶ塚公園の情報はこちら

水ヶ塚公園/ハローナビしずおか