動物の魅力を最大限に引き出す迫力満点の展示!ワクワクと癒しがいっぱいの日本平動物園で動物たちに元気をもらおう!

723

静岡の景勝地「日本平」に昭和44年に開園した日本平動物園。園地面積6.6ヘクタール、展示動物123種371点からスタートし、開園50年を経た現在では面積13ヘクタール、約160種700点の飼育動物がいる動物園となり、全国から多くの来場者を集めています。

日本平動物園では子どもたちの情操教育にも力を入れており、動物の生態をわかりやすく紹介。間近で動物を観察したり、植物と触れ合うことによって新鮮な驚きを感じたり、動物たちの世界を通して新たな物の見方や考え方を発見したりすることができます。

動物と出会い、動物に学ぶ。そんな日本平動物園にさっそく、一歩足を踏み入れてみましょう。

みんな大好き!レッサーパンダ館

ニコとかずのこの親子
毎日行われる「お食事タイム」は来園者に大人気。リンゴを頬張る愛らしい姿は絶好のシャッターチャンスです

エントランスゲートを入ると正面に見えるのがレッサーパンダ館です。レッサーパンダといえば、千葉市動物公園で立ち姿が話題となった風太くんを思い浮かべる人も多いと思いますが、生まれはここ日本平動物園なんですよ。レッサーパンダの飼育の始まりは1980年から。その後、日本初の人工哺育に成功し、日本屈指の飼育・繁殖拠点として種別計画管理を行い、種の保存に努める日本平動物園はまさにレッサーパンダの聖地といえます。

ここでは屋内外に立体的な生活環境を作り、木登りしたり、回廊を移動したり、活動的な姿を観察できます。赤ちゃんは生後1年までには単独で暮らし始めるため、お母さんニコと2021年に生まれたかずのこの親子を一緒に見られるのは今だけ!(2022年6月時点)

迫力と愛らしさに釘づけ!猛獣館299

入口から真っ直ぐに進んでいくと大人気施設の猛獣館299です。ここでは、ホッキョクグマ、ゴマフアザラシ、アムールトラ、ライオン、ピューマ、ジャガー、ミーアキャット、シロフクロウの8種類が展示されています。
まず1階でゴマフアザラシがお出迎え。通路に設けた円筒水槽がお気に入りで、上から下へ、下から上へ気持ち良さそうに泳ぐ姿が見られます。すぐ隣には自然界で捕食関係にあたるホッキョクグマが。水中トンネルを泳いだり、岩場からプールへダイビングしたり、ダイナミックな動きとともに、近くで見る毛並みの美しさにも感動です。

ホッキョクグマのロッシーとバニラはプール遊びが大好き!
こんなに近くでゴマフアザラシが見られます

2階から4階はネコ科の大型猛獣エリア。擬岩や擬木を使い生息環境をリアルに再現しているため、ガラス越しに近づいてくる姿を見ると思わず後ずさりしてしまうほどの迫力です。ここでの見どころは、2021年11月に誕生したジャガーの双子の赤ちゃん、小春と小麦。お母さんとじゃれ合う姿が微笑ましく、いつまでも見ていられます。猛獣館の特徴として1つの動物を別の階からも見られるように設計されているため、真横から、上下からも観察でき、臨場感たっぷりです。

アムールトラの迫力を間近に感じて!
ジャガーの親子

子どもに大人気!ふれあい動物園

動物好きの人の園の楽しみのひとつがふれあいコーナーではないでしょうか。ここでは、カピパラ、ヤギ、ヒツジなどに餌やり体験ができたり、馬場ではポニー乗馬ができたり、全天候型のふれあい館ではウサギ、モルモットなど小動物と触れ合うことができます。子どもたちにとっては、動物のかわいらしさはもちろん、触れ合うことで生命を感じる体験になるはずです。

ポニー乗馬体験

眺望広場へはオートチェアで

園内には小さな子どもたちが遊べる遊園地もあります。また園内と山頂を結んでいるオートチェア(リフト)に乗って園内の景色を眺めるのもおすすめです。山頂には展望広場があり、レジャーシートを広げるのに最適。お天気が良ければ駿河湾や富士山が見られるかもしれません。山頂にある「ふしぎな森の城」では、飼育員なりきり体験などもできますよ。山頂からの帰りは、全長390m日本一のローラースライダーはいかがでしょう。童心に却って楽しめるのも動物園ならではです。

カタカタとのんびり山頂まで運んでくれます
山頂にある展望広場は憩いの場

■オートチェア 片道大人100円、小学生50円
■ローラースライダー 片道大人200円、小学生100円

グルメ・お土産も忘れずに

園内にあるレストハウスではユニークなメニューが話題となっています。写真は人気ナンバー1の「カピパラ温泉」(ビーフシチュー)860円。ほかにも、ごはんを動物に見立てた「しろくまカレー」(辛口、甘口あり)が人気です。

■営業時間 10:30~15:30

正門の右横にあるショップ「動物たちの森」にはお土産菓子、ぬいぐるみ、キーホルダーなど動物をモチーフにしたかわいいグッズがずらり。お気に入りを見つけてね。

人参のハート型はカピパラの肉球をモチーフに
オリジナルレッサーパンダS 1430円

まとめ

猛禽舎
貴重な鳥であるヒゲワシを日本で見られるのはここだけ。翼を広げると250~280cmもある大きさに驚き
オランウータン館
ミンピーちゃん。擬木やロープを使って自由自在に動き回る姿は見ていて飽きません。

レッサーパンダの聖地とも呼ばれている日本平動物園。お目当てのレッサーパンダの愛らしさに大満足でした。お目当ての動物とじっくり向き合う楽しさもあり、また思いがけず釘付けになる動物もいて、興味がなかった動物も楽しい展示によって惹きつけられたり、動物個々の魅力に、展示の工夫と飼育員さんの愛情がプラスされて、来園者は年齢に関係なく知的好奇心をくすぐられます。

園内は緩い坂道もありますが、通路はベビーカーや車椅子の利用も余裕があり、トイレの数も多く安心。随所に設けられている動物クイズもぜひ親子で挑戦してみてください。

<日本平動物園>   

住 所静岡県静岡市駿河区池田1767-6
TEL054-262-3251
開園時間9:00~16:30(入園は16:00まで)
休園日毎週月曜日(祝日、振替休日のときは翌平日)、12月29日~翌年1月1日
入園料一般(高校生以上):620円
小・中学生:150円(未就学児は無料)
年間パスポート一般:2,510円
小・中学生:610円